FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【入居前WEB内覧会3】玄関ホール

本日は玄関の中に入っていきたいと思います。


玄関外より
まずは玄関の時と同じですが外から中を望みます。

左側から出入りするつもりでスイッチを付けていたのですが、この引き戸は右から出入りした方が

よいようです。もうそれで慣れました。

この後の写真でないので先に説明しますが、玄関ホールの照明が上の丸いやつです。

オーデリックのOL251302で、木材(クリア)の枠になっています。

照明はオーデリックでプランを出してもらったのを参考に、全てわたしが選んで用意しました。


玄関入る
玄関に入ると、正面に下駄箱、階段があります。その間の右側は和室の出入口。

左側は見えないですが玄関収納の出入口、手すり、LDへの出入口(開いている)、

奥にキッチンの出入口(閉まっている)あたりまで見えるかな。



玄関入り左を見る
上の写真から左を向いたところですが、暗い写真で見づらくてごめんなさい。

足元には、引っ越す日まで置かれていたエコキュートのヒートポンプや段ボールが置かれていて、

すいません。


玄関収納より玄関ドアを見る 玄関収納より下駄箱を見る
回り込んで、玄関収納側から撮った写真です。

電気屋さんに、普通の家の3倍あると言われたコンセントが、すでに三か所見えます。



トイレを出たところより玄関を見る
入居前の写真で玄関ホールのがなかったので、奥のトイレを出たあたりからの写真を一枚。



玄関ホール(入居後の写真)
こちらは、夕べ撮った玄関ホールの写真です。

玄関収納が家族用玄関でもあるので、だいたいいつもこんな感じですっきりできています。

右側の赤丸がスイッチなのですが、入ってすぐに電気を点けられるようにしたはずが、

(コンセント・スイッチもわたしがいろいろ変更して増やしました。)向かって左から出入り

しているので、夜に帰って玄関引き戸を開けてすぐに点けることは出来なくなっています。

まあ、わたしは帰ってきて玄関収納に入るときに赤丸の奥の方のスイッチで玄関収納内の

電気を点ければ大丈夫なので気にならない。

それに、玄関の上り口までくると階段途中のフットライト(階段の時にでも説明します)が

人感センサーなので点灯するので十分です。

玄関ホールの電気はお客さんが来た時用かな。


玄関
    天井:杉板(節有)
    壁 :ダイアトーマス203パターンB
    腰板:H=855 杉板(節有)
    床 :カスティージョIPS300/CS-14(外)ホールとの段差105


ホール
    天井:杉板(節有)
    壁 :ダイアトーマス203パターンB
    腰板:H=855 杉板(節有)
    床 :ナラ無垢材


下駄箱
   床置きタイプ
   間口3尺 フロアキャビネットのみ
   フラット扉 ナキュラル色


下駄箱
下駄箱開けたところ
玄関ホールにも収納が欲しいということで、最後の方で既製品で付けてもらうことになりました。

わかりやすいように下駄箱と表現しましたが、今のところ入れるものがないです(^^;

むしろ、上に何か飾ったりできるし、ちょうど玄関の上り口だから手すり代わりになっています。



夕べ撮った写真ではちょこっと写っていますが、今は植物が置いてあります。

その隣には、以前えこふ市場で買ったけど使わずにいた「ひのきの小さなベンチボックス」が

いつの間にか置かれていて、靴を履く時や荷物を置くのにちょうどいいです。

今日はこの辺で。

次は玄関収納かな。


クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

参加しています!

にほんブログ村
最新記事
プロフィール

風夜

Author:風夜
自然素材を使った注文住宅を建てました。
H26年3月に完成し、4月末から住んでいます。

40代の私と妻、3人の男の子の5人家族です。

暮らしやすさを考えながら(主に妻が(^^;)、少しずついい家にしていきたいです。
ソーラーフロンティアでの6.46kwの太陽光発電も南東向きながら発電が楽しみです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ランキング
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。